So-net無料ブログ作成

福田に成し得ぬ虎殺し [どうでもいい話]

長きにわたって辞めろコールが続いていたものの、
辞めたら辞めたで無責任コールに切り替わるだけという福ちゃん。

いやまさか、安倍ちゃんの模倣をするとは思わなかったけど。
なんかもう日本全体が「なんかもう嫌になった」が行動規範になっているような。
明らかに後ろ向きのパワーが前向きパワーを上回ってますよね。

馬鹿野郎ッ!!
オレだってなにもかも投げ出したいのを、かろうじて生き延びてるのに!
人間辞めたいです。
石仮面ぷりーずぎぶみー。

オレみたいなのがいっぱいなせいで負のパワーにあふれてるわけだけど、
普通に生活を送っている人(老若男女)の愚痴なんかを店員の立場で聞くと、
どうも生命力の低下は全体的傾向のように思われます。
生物的に危機的状況なんでしょう、人類は。
日本はその最先端を全力疾走、崖の末端は視野に入ったといったところでしょうか。

次はローゼン麻生ですな。
全日本人参加のローザミスティカ争奪アリスファイト、Lady…Go!!

その一方で。

プーチン首相、トラの襲撃からカメラマン助ける=ロシアメディア

プーチン強ええ!

いやね、2000年に大統領に就任した時点でやばいなと思ってました。
情報機関に属していた者は出世できないというのが世の常なんですが、
元KGBという出身にも関わらず大統領という頂点に立ち、そしてあの眼光ですよ。

カメラマンへ向かって逃げた虎にすかさず麻酔弾をぶち込んだプーチンだそうですが、

インタファクス通信は、同首相はトラにキスし、「さよなら」と言ったと伝えた。

こ、これは…現役時代に東ドイツでCIAのエージェントを狩っていたときの、
暗殺儀礼のキメシーンなんじゃないの!?

あんまり適当なことを言うと、本気で粛正されてしまうので。
政権批判するとジャーナリストが暗殺される国だからね、ロシアは。

そんなあまりにもダークネスで一撃必殺な空気をまとうプーチン首相は、
大統領時代から、邪悪な面構えのベネディクト16世(ローマ教皇)と並んで、
ネット界隈では人気者です。

ニコニコ動画では『1000%PUTING!』が素晴らしかったんですが、
プーチンではなく、曲の権利者に粛正されてしまったのが残念。

かわりに今あるのが、

本家にコメント字幕でついていた、
共産的歌詞をロシア語に翻訳して歌ってみたのがこちら。

明らかに危険きわまりない歌詞は粛正の五秒前って感じなんですが、
この歌ってる人、女の子な上に、妙に声が可愛いんですよね
いや、現役アイドル声優ですって言われたら普通に納得するレベル。

いったい、この女の子は何がキッカケでプーチンなのか?
独裁志向の強い女子に少しドキドキします。

粛正された本家の作者は懲りずにプーチン新作を出してますよ。

曲も相まって、すごくかっこいいPVになっているのはいいんですが…
作者の身の安全が心配されます。

原曲は↓

比較は↓


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。