So-net無料ブログ作成
検索選択

打ちのめされました


涼宮ハルヒの憂鬱

史上最大規模のアニメ放映数となった今期、
並み居る強豪を抜き去り話題をかっさらったダークホース。
いや、じゃじゃ馬か。

昨年、原作ファンを緻密な創りでねじ伏せぐうの音も出させなかったAIR
その立役者である京都アニメーションが制作するとあって、
原作を知らなかったものの、衝撃(!)の第01話からオレも観てる。

第01話を見終えた途端、原作を買い求めたミーハー中のミーハーなオレ。

当然、オリコン一位運動が巻き起こったED曲ハレ晴レユカイも、OP曲冒険でしょでしょも手元でヘビーローテーション中である。

今日は、その第12話を観て脱力中。
う~ん…やっぱ京アニはスゴイや。
今回は主役を演じる平野綾の殊勲も大きい。
作中で軽音楽部バンドの仮ボーカルとして歌っているのだが、これがまた歌が上手い。
あくまで声優として“音を外さない”というレベルでの上手さではない。
磨けば歌い手として食っていけるのではないか?と思わせるレベルなのだ。
OP曲を歌っているのを聴いて感心していたが、再度唸らされた。
高校卒業したての声優とは思えない。

歌っている場面は京アニも渾身の作画をしている。
その画面の説得力を平野綾のボーカルは力強くしっかりと裏付けしている。

魂揺さぶられるとはこのことだ。

というわけで、打ちのめされました。
もうこれ以上、書く気力も無し。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 2

秋山浩司(Akky!!)

日記みてちょっと興味を持ったのですが、ワタクシの地域ではたまたま今日が放送日だったようで、みました。

いや、歌、いいですよ、アレ。
普通に歌だけで食って行けるレベルだと思いますよ。


それにしても、高校生がバンドやる話には弱いです。
by 秋山浩司(Akky!!) (2006-06-20 01:47) 

TAL.0

どもども。
OP曲では、キャラクターを演じながら歌っていてちょっと窮屈そうでしたが、
今回の挿入歌は素直に歌っていて気持ちよさそうでした。

そりゃAkky!!さんは高校生バンド話には弱かろう。
だって、かつて自分の辿った道程じゃないw
by TAL.0 (2006-06-20 09:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。